長方形ABCD の辺BC 上に点P をとり、AP を折り目として折ったところ、頂点B が辺CD のまん中の点E と重なりました。このとき、角CPE の大きさを求めなさい。

7253x300

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

点E がCD のまん中の点なので、下の図のように、三角形ADEにおいて、DE : AE = 1 : 2 ということがわかり、このような直角三角形は、正三角形の半分の三角定規の三角形です。

よって、角AED =60度 とわかり、角PEC=30度より、角CPE =60度 と求められます。

1分で解ける算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集