---------------------------------------------------------

1辺の長さが5cm の立方体の積み木を何個か積み重ねて立体を作りました。この立体は、前から見ても左から見ても下の図A のように見え、真上から見ると下の図B のように見えました。この立体に使われている積み木の個数について、最も少ないときと、最も多いときの個数はいくつでしょうか?

Pic_2855q_2

---------------------------------------------------------

----------------------------------------------------

こたえ

まず、最も多いときを考えると、下の図1のように

     Pic_2856a

下から3段すべてに積み木を使い、さらに上の部分は

下の図2のようになっていればよいので、

         Pic_2857a_2

積み木を最も多く使ったときの個数は、

  4×4×3+5=53個 です。

 

次に、最も少ない個数の積み木を使うときを考えると、

図2の部分で無くすことはできるのは、下の図3の矢印で

示した左前と右後ろの部分で、

       Pic_2858a

図1の部分は、下の図4のように斜めに3段ずつ重ねればよく、

      Pic_2859a

図3と図4を合わせて、下の図5のときが使う積み木の数を

最も少なくすることができ、

  Pic_2860a

このときの個数は、53−(6×2×2+2)=27個  です。

パズル算数クイズにもどる

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集