下の図のようにA、B2つの円と1本の直線があります。この2つの円と、この直線のどれともただ1つの点で触れ合っている円がいくつか考えられます。図にはその例として、2つだけかきこんで@とAの番号を付けてあります。こういう円をなるべく多く考えて、この図にかきこんで、例にならってB、C……と、番号をつけて示してください。

1_3

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

2

大きくなりすぎる円は弧だけ示してあります。

パズル算数クイズにもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集