1年生・2年生・3年生、各20人ずつ合計60人がまるく1つの輪になって手をつないでいます。この状態から1年生と2年生とでつないでいる手を離すと10個のグループになり、1年生と3年生とでつないでいる手を離すと8個のグループに分かれ、2年生と3年生とでつないでいる手を離すと6個のグループに分かれます。(1人でも1グループと数えます)
では同じ学年の生徒どうしでつないでいる手を離すと、いくつのグループに分かれますか?

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

全員がまるくなって手をつないでいるので、

1ヵ所手を離すとグループは1つ、

2ヵ所手を離すとグループは2つになります。

つまり、

手を離したところの数=グループの数

ということになります。

手をつないでいるのは、

異なる学年どうしの場合は、

1年生と2年生、

2年生と3年生、

3年生と1年生。

同じ学年どうしの場合は

1年生どうし、

2年生どうし、

3年生どうし、

のいずれかです。

60人が円になっているので手をつないでいるところも60ヵ所あり、

このうち、異なる学年どうし手をつないでいる部分は、

1年と2年が10ヵ所、

2年と3年が6ヵ所、

3年と1年が8ヶ所なので、

同じ学年どうしが手をつないでいるのは、

60−10−8−6=36ヵ所

以上から、同じ学年どうしがつないでいる手を離したとき、

できるグループ数は36となります。

算数オリンピック問題に挑戦!にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集