『正直ランド』を目指す旅人は、その旅の途中で、白い翼の天使からこんなことをおそわった。

「あなたはもうすぐ、わかれ道につくでしょう。ひとつの道は『正直ランド』に、もうひとつの道は『うそつきランド』に行く道です。そこにはふたりの人が立っていて、あなたはそのどちらかひとりに、一回だけ質問をすることができます。『正直ランド』に行く道がわかるように、じょうずに質問をしなさい」

ああそれはありがたい、と旅人が思っていると、天使は言葉を続けた。

「ふたりの人というのは、天使の姿になっているのであなたには区別できないでしょうが、ひとりが『正直ランド』から来た正直者で、もうひとりは『うそつきランド』から来たうそつきです。正直者はいつでも本当のことをいいますが、うそつきはいつでも、必ずウソをつきます。あなたはそのどちらかに、一回だけ、『はい』か『いいえ』で答えられる質問をしなければなりません。二回以上質問しても、二人とも答えてくれませんよ。では、ご成功を祈ります」

これをきいた旅人は、こんなふうに考えた。

質問P: 「右の道は、『正直ランド』に行く道ですか?」

という簡単な質問では、うまくいかない。質問Pのまずいところは、相手が正直者ならよいが、うそつきだとウソをつかれる、ということである。相手が正直者かうそつきかはわからないのだから、どうしようもない。と思いきや、実にうまい質問があった。それは・・・・・・

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

「あなたは右の道から来ましたか?」

正直ランドが右の道なら、どちらの天使も「はい」と答え、

正直ランドが左の道なら、どちらの天使も「いいえ」と答えるから。

パズル?おもしろ算数問題にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集