同じ量のエネルギーを作り出すとき、石炭を使うと二酸化炭素の排出(はいしゅつ)量が最も多く、それに対して石油は石炭の8割、天然ガスは石炭の5割5分です。
現在日本の上記エネルギー源の割合は、石油53%、石炭17%、天然ガス10%ですが、二酸化炭素の排出量を減らすため、この
割合を10年後には石油42%、石炭18%、天然ガス15%にするという目標を立てています。もし現在この目標を達成したならば、上記のエネルギー源からの二酸化炭素の排出量は、全体として何%減らすことができますか。四捨五入して小数第1位まで答えなさい。


---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

二酸化炭素を出す量は、石炭を1とすると、石油は0.8、天然ガスは0.55 となります。

(石炭1個から二酸化炭素1個が出てくる、

石油1個から二酸化炭素0.8個が出てくる、

天然ガス1個から二酸化炭素0.55個が出てくるイメージ)

現在のエネルギー源は、石油53%、石炭17%、天然ガス10%、

より簡単に考えるために石油53個、石炭17個、天然ガス10個を

使っていると考えましょう。

すると、ここから出てくる二酸化炭素量は、

石炭:17×1=17

石油:53×0.8=42.4

天然ガス:10×0.55=5.5 なので、

合計すると、17+42.4+5.5=64.9 となります。

10年後の目標は、石油42%、石炭18%、天然ガス15% より、

同様に考えると、二酸化炭素の排出量は、

石炭:18×1=18

石油:42×0.8=33.6

天然ガス:15×0.55=8.25 となり、

合計すると、18+33.6+8.25=59.85 となります。 

すなわち、現在:64.9 → 10年後:59.85 となるということで、

64.9−59.85=5.05 減ることになります。

これは、現在の64.9と比べると、

5.05÷64.9×100=7.78…≒7.8% 減らすことになります。

パズル?おもしろ算数問題にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集