どの辺の長さも3cmである四角すいをA、どの辺の長さも3cmである三角すいをBとします。AとBを何個か使って、すき間なく組み合わせると、どの辺の長さも6cmである四角すいができます。AとBはそれぞれ何個ずつ必要ですか。

0_2   

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

1_2

4つの面の隙間部分に三角すいが入ります。

Aが6個、Bが4個

知っておきたい受験算数の極意にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集