最初に図1のような正三角形かあり、一辺の長さは2mです。この図形に次のような操作をします。各辺を3等分し、それぞれの中央に、辺の長さが1/3である正三角形をはりつけます。
この操作を1回行ったあとの図形は図2のようになり、2回行ったあとの図形は図3のようになります。次の問いに答えなさい。

(1)この操作を5回行ったあとの図形の周の長さを、四捨五入で小数第2位まで求めなさい。

(2)この操作を6回行ったとき、6回目の操作ではりつける正三角形の個数を求めなさい。

Zu1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------


こたえ

1_2

2

3_2

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集