---------------------------------------------------------

A,B,C,D,E の5人のうち、大阪市に住んでいるのは3人で、その3人は北区、中央区、天王寺区に1人ずつ住んでいます。

次の3つの手がかりから、後の問に答えなさい。

 

【手がかり】

 

@ A,B,E のうち、大阪市に住んでいるのは2人で、その2人のうちの1人は北区に住んでいます。

A A,B,C のうち、大阪市に住んでいるのは1人で、その人は中央区に住んでいます。

B B,D,E のうち、大阪市に住んでいるのは2人で、その2人のうちの1人は天王寺区に住んでいます。

(1)大阪市に住んでいる3人はだれですか。

(2)大阪市の北区、中央区、天王寺区に住んでいる人をそれぞれ答えなさい。

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

 (1)【手がかり】@とAを比べると、E が C に変わると

大阪市に住んでいる人が減っています。ということは、

E は大阪市に住んでいて、C は住んでいないということです。

また、A,Bのどちらかが、大阪市に住んでいることになります。

 

【手がかり】Bより、E は大阪市に住んでいるので、

B,D のどちらかが、大阪市に住んでいることになります。

 

すると、大阪市に住んでいるのは、E,

A,B のどちらか、B,D のどちらか になり、

Bが大阪市に住んでいると、大阪市に住んでいるのが2人と

なってしまうため、大阪市に住んでいるのは、A,D,E の3人

とわかります。

 

 (2)【手がかり】Aより、中央区に住んでいるのは、 です。

【手がかり】@より、A,E のうち、Aは中央区に住んでいるので、

北区に住んでいるのは、です。

【手がかり】Bより、天王寺区に住んでいるのは、 です。

どう解く?中学受験算数へ!

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集