---------------------------------------------------------

濃度10%の食塩水100g が入ったビーカーA と、濃度1%の食塩水100g が入ったビーカーB があります。

A の食塩水10g をBに移した後、A には水10g を加え、B は加熱して10g の水を蒸発させるという作業を 2回くり返しました。

 

このとき、2つのビーカーに入っている食塩水の濃度の比を最も簡単な整数で表しなさい。( A : B = ・・・ )

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

作業をしても、ビーカーの量はともに100g なので、

移動する食塩の量を調べます。

 

最初、ビーカーA には 10g、ビーカーB には 1g の食塩が

入っています。

 

作業を1回すると、ビーカーA から 1g の食塩がビーカーB に

移ります。

 

ビーカーA には 9g、ビーカーB には 2g の食塩があります。

 

2回目の作業をすると、ビーカーA から 0.9g の食塩が

ビーカーB に移ります。

 

ビーカーA には 8.1g、ビーカーB には 2.9g の食塩が

あります。

 

つまり、ビーカーAには100g の食塩水があり、そのうち8.1g が

食塩で、ビーカーBにも100g の食塩水があり、そのうち2.9g が

食塩です。

 

よって、ビーカーA の濃度 : ビーカーBの濃度 = 8.1 : 2.9

   = 81 : 29

となります。

どう解く?中学受験算数へ!

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集