---------------------------------------------------------

1

上の図はある年の4月のカレンダーです。この表で例えば金曜日の日付を7で割ると3あまり、土曜日の日付を7で割ると4あまるので、この2つの曜日の日付の和は7で割り切れ、積は7で割ると5あまります。
また、火曜日の日付は7で割り切れ、日曜日の日付は7で割ると5あまるので、この関係を

(金)+(土)=(火)、(金)×(土)=(日)のように表すことにします。

ただし、引き算については、引き算ができる日付の組み合わせのみ考えます。
次の□にあてはまるのは、何曜日ですか。

(1) (月)+(水)=(□)

(2) (金)−(日)=(□)

(3) (月)×(水)×(土)=(□)

(4) (木)×{(金)−(火)}−(水)×(日)=(□)

---------------------------------------------------------

----------------------------------------------------

こたえ

(1)それぞれの曜日の日付は,

7で割ったときのあまりで表すことができます。

月曜日は6あまり、水曜日は1あまるので、

(月)+(水)=6+1=7→火曜日

(2)(金)−(日)=10−5=5

7で割ると5余るので→日曜日

(3)(月)×(水)×(土)=6×1×4=24,

24÷7=3 あまり3なので→金曜日

(4)(木)×{(金)−(火)}−(水)×(日)

=2×(3−0)−1×5=1

7で割ると1あまるので→水曜日

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集