---------------------------------------------------------

下の図において、角あ の大きさ=[ ア ]度、

 角い の大きさ+角う の大きさ=[ イ ]度、

 四角形ABCD の面積=[ ウ ]cu です。

 ア、イ、ウに入る値を答えなさい。

Pic_2076q_2

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

まず、角あ について考えます。下の図1のように

直角三角形PQS、QRTを見ると、2つの三角形は合同です。

2

角PQS+角RQT=角PQS+角QPS=90度 より、

角PQR=90度、

PQ=QR なので、

三角形PQRは、直角二等辺三角形ということがわかり、

角あ=45度 と求められます。

 

次に、角い +角う について考えます。

下の図2の三角形PECと三角形QFR は合同なので、

角い = 角QRF ということになります。

Pic_2078a

角い +角う =角PRQ=角RPQ=45度 となります。

 

最後に四角形(台形)ABCD の面積を求めます。

4

ABの長さ:CDの長さ=1:2 ということが図からわかります。

CDの長さ=PE(4cm)の3分の1=4/3cm です。

よって、台形ABCDの面積は、

 (4/3 + 4/3 ÷2)×4÷2=4cu と求められます。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集