---------------------------------------------------------

Pic_0732q_2

上の図の六角形の向かい合った辺は3組とも平行で、3組それぞれについて、短い辺と長い辺の長さの比が1:3 となっています。色のついた部分の面積は、六角形の面積の何倍か答えなさい。

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

解答

六角形の向き合った辺の長い方の辺を3等分する点を印し、

各辺と平行に下図のように線を引きます。

   Pic_0733a_2

 

下の図2の例のように、辺の比1:3を利用すると様々な部分の

比が明らかになり、六角形は同じ小さい三角形22個から形成

されていることがわかります。

   Pic_0734a

求める三角形の面積は、下の図3の中央の青い三角形と、

A,C,Eの三角形の面積の合計です。

  Pic_0735a

  A+B、C+D、E+Fの面積は、ともに小さい三角形6個分

なので、A,C,Eはそれぞれ小さい三角形3個分になります。

中央の青い三角形は、小さい三角形4個分なので、

求める三角形は、小さい三角形3×3+4=13個分とわかります。

 

 よって、六角形は小さい三角形22個から形成されているので、

求める三角形は、六角形の面積の13/22(倍)となります。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集