---------------------------------------------------------

下の図は1辺が2.6cmの正三角形を組み合わせた後、周囲を曲線で囲んだものです。曲線は円周の一部を組み合わせたものであり、その中心はすべて正三角形の頂点で、その半径は正三角形の1辺と同じまたは2倍になっています。斜線部の面積は何cuですか。円周率は3.14とします。

1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

解答

図のように黄色部分を緑部分に移動すると、

半径が1辺で中心角60゜のおうぎ形が6個

半径が2辺で中心角60゜のおうぎ形が3個

の合計になります。

2

2.6×2.6×3.14×360/360+

2×2.6×2×2.6×3.14×180/360

=2.6×2.6×3.14+2×2.6×2.6×3.14

=(2.6×2.6×3.14)×(1+2)

=2.6×2.6×3.14×3

=63.6792cu

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集