---------------------------------------------------------

次の式の5つの□には、すべて同じ整数があてはまります。

その整数はいくつですか。

 

□×□×{(□−1)×(□+1)−□}=2009

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

解答

式はすべて「かけ算」でできているので、

2009が何の倍数なのかを考えます。

 

2009は・・・

奇数なので2の倍数ではない。

2+0+0+9=11なので、3の倍数ではない。

(3の倍数の見分け方は → こちら

奇数なので4の倍数ではない。

1の位が「9」なので、5の倍数ではない。

奇数なので6の倍数ではない。

2009÷7=287 となるので、7の倍数です。

次に、287は何の倍数なのかを調べます。

2009が2〜6の倍数ではなかったので

287も2〜6の倍数ではありません

287÷7=41 となり、41は素数(1と41以外では割り切れない)

なので、2009=7×7×41 だとわかります。

 

□×□×{(□−1)×(□+1)−□}=2009

□=7とすると、

(2個の□がある時点で、もう □=7 ですが)

確かめてみましょう。

7×7×{(7−1)×(7+1)−7}=7×7×41=2009

となり、式を満たすので、□=7です。

ちなみに、受験年度の数字の約数は事前に調べておいたほうがいいですね。

多くの中学で、その年度の数字を使った問題が出題されています。来年は2014!

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集