---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

下の図は、辺の長さが同じ正五角形、正方形、正三角形からできています。赤線は、正三角形の頂点と正方形の頂点を結んでいます。図の中の角ア、イの大きさをそれぞれ求めなさい。

  

Pic_3508q

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

解法例

下の図1の黒い太線の三角形は二等辺三角形で、

  Pic_3509a

ウの角度=(180−30)÷2=75°なので、

アの角度=90−75=15°です。

 

次に、イの角度ですが、いろいろな求め方が考えられます。

たとえば、下の図2のように正三角形と正五角形の頂点を

結ぶと、赤線の三角形において、

  Pic_3510a

エ=30+75=105°なので、オ=180−105=75°で、

イ=180−(54+75)=51° と求められます。

 

あるいは、下の図3の黒い太線の三角形に注目すると、

この三角形は二等辺三角形で、頂角=30+18=48°で、

残りの角度は、(180−48)÷2=66°なので、

  Pic_3511a

図3の●=75−66=9°、×=108−66=42°で、

  イ=●+×=51°と求められます。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------