---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

図1は底面が半径3cmの円で,高さが12cmの円柱であり,(ア)と(イ)を結んでできる直線は底面に垂直です。また,図2はABの長さが12cm,角Bが直角である三角形の形をした紙です。いま,この紙をA,Bがそれぞれ円柱の(ア),(イ)の部分に重なるようにして巻きつけたところ,3周して,Cがちょうど(イ)のところにきました。紙を巻きつけた状態で円柱全体に色をぬり,その後,この紙を円柱からはずしました。このとき,三角形の形をした紙の,色がついた部分の面積を求めなさい。ただし円周率は3,14とします。

1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

解法例

色がついた部分は下図のようになります。

2

色のついていない三角形の高さは12×2/3=8cm

求める面積=

12×6×3.14×3÷2ー8×6×3.14×2÷2=

108×3.14−48×3.14=

60×3.14=

188.4cu

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------