---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

下の図は、1辺が12cmの立方体で、点P,Q はそれぞれ辺AD,CD のまん中の点です。

       Pic_3477q

(1)3点 E,P,Q を通る平面で この立方体を2つの立体に分けたとき、頂点D を含む立体の体積を求めなさい。

(2)三角すい H−PQD の表面積を求めなさい。

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

解法例

(1)3点E,P,Q を通る平面は、下の図1のように、

点E からPQ と平行な線を引くと、頂点G に達するので、

       Pic_3478a

台形EPQG の形になります。

EP,HD,GQ の3つの線分を伸ばすと、

下の図2のように1点 R で交わるので、

       Pic_3479a

求める体積は、三角すい台DPQ−HEG となり、

三角すいR−DPQ とR−HEG の相似比が 1 : 2 なので、

その体積比は、1×1×1 : 2×2×2 = 1 : 8 より、

三角すい台DPQ−HEG の体積は、三角すいR−DPQ の7倍で、

  6×6÷2×12÷3×7=504c?

となります。

 

(2)三角すいH−PQD は有名な三角すいです。

知識として知っているか知らないかで、

解けるか解けないかが大きく左右されることでしょう。

三角すいH−PQD の4つの面について、

特に三角形HPQ について下の図3を利用して考えると、

HP=HQ=BP=BQ で、長さが等しいので、

三角形HPQ と三角形BPQ は合同です。

三角形HDP は三角形BAP と、

三角形HDQ は三角形BCQ とそれぞれ合同なので、

       Pic_3480a

三角すいH−PQD の4つの面を並べる(展開図を作る)と、

上の図4の正方形の形になることがいえます。

よって、三角すいH−PQD の表面積は、

12×12=144cuと求められます。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------