---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

図のように正十角形のある頂点から4番目ごとの頂点を対角線で結んでいき,もとの頂点にもどるまで続けると,対角線は全部で5本引けます。同じ約束で正十五角形のある頂点から6番目ごとに結んでいくと対角線は全部で何本引けますか。また、7番目ごとに結んでいくと対角線は全部で何本引けますか。

1

---------------------------------------------------------

こたえ

6番目ごとでは、

15と6の最小公倍数は30なので、

30÷6=5本引けます。

4_2 

2

7番目ごとでは、

15と7の最小公倍数は105なので、

105÷7=15本引けます。

3

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------