「4」のカードが4枚と、「+」、「−」、「×」、「÷」、「 ( 」、「 )」 のカードがたくさんあります。

これらのカードをならべて計算式を作ります。

ただし、「4」のカードは必ず4枚使うものとします。

たとえば、答えが 0 になる計算式には次のようなものがあります。

 4 + 4 − 4 − 4 = 0

 4 × 4 − 4 × 4 = 0

 4 4 − 4 4 = 0

 ( 4 − 4 ) × 4 ÷ 4 = 0

(1)答えが 7 になる計算式を1つ書いてください。

(2)答えが 10になる計算式を1つ書いてください。

(3)答えが 1,2,3,4,5,6,8,9 になる計算式を、それぞれ1つずつ書いてください。

ただし、求める計算式がない場合は、「 なし 」 と書いてください。

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

(1)答えが 7 になる計算式 の一例

   4+4−4÷4=7 

   44÷4−4=7  

(2)答えが 10 になる計算式の一例

  (44−4)÷4=10

(3)答えが 1 になる計算式の一例

   44÷44=1

   4×4÷4÷4=1

答えが 2 になる計算式の一例

   4×4÷(4+4)=2

答えが 3 になる計算式の一例

   (4+4+4)÷4=3

答えが 4 になる計算式の一例

   (4−4)×4+4=4

答えが 5 になる計算式の一例

   (4×4+4)÷4=5

答えが 6 になる計算式の一例

   (4+4)÷4+4=6

答えが 8 になる計算式の一例

   4×4−(4+4)=8

   4+4+4−4=8

   4×4÷4+4=8

   (4+4)÷4×4=8

答えが 9 になる計算式の一例

   4÷4+4+4=9

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集