ある道のりを,はじめ時速15kmの速さで,次に時速12kmの速さで,最後に時速9kmの速さで走ったら,5時間40分かかりました。時速15km,時速12km,時速9kmの速さで走った道のりの比は1:2:3でした。走った道のりの合計は何kmでしたか。

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

道のりを速さで割ると時間が出ます。

速さの比は、15:12:9=5:4:3

道のりの比を速さの比で割ってみると、

1/5:2/4:3/3=2:5:10

5時間40分をこの時間の比で案分すると、

時速15km→40分

時速12km→100分

時速9km→200分

道のりの合計は、

15×40/60+12×100/60+9×200/60

=60km

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集