ある3けたの整数があります。この3けたの整数ABCの一の位の数と百の位の数を入れ替えて、もう1つの3けたの整数CBAをつくります。

(1)もとの整数の一の位の数が6とわかっているとき、2つの整数の差を求めると、495になりました。もとの整数の百の位の数はいくつですか。

(2)2つの整数ABCとCBAをかけたら、答えの一の位の数字が5になりました。AとCの組み合わせは何通り考えられますか。

(3)2つの整数をかけたら、下の計算のように答えが115245になりました。十の位の数Bはいくつですか。

1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

(1)一の位の差が5なので、

6−□=5 あるいは、16−□=5 ですが、

□に当てはまる0〜9の数字は1です。

(2)一の位が5になるのは、

1×5、3×5、5×5、7×5、9×5

で5×5以外はAとC、CとAの2通りですから、

1+4×2=9通り です。

(3)300×500=150000なので、

AとCの組み合わせは1と5です。

1B5×5B1=115245 なので、Bは大きい数と予想できます。

B=9から調べると、

195×591=115245 になり、

B=9 です。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集