ある数 a の整数部分を< a >と書くことにします。

例えば <3.14>=3となります。これについて次の問いに答えなさい。

1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

(1)3×n−1が14のとき2になり、21のとき3になるので、

3×n−1が14以上21未満のnをさがします。

3×n−1=14 →  3×n=15なのでnは5以上です。

3×n−1=21 → 3×n=22なのでnは7以下です。

したがって、nは5、6、7です。

(2)0+1+2+3+4+5+・・・・

と続いていきそうですが、5は2回現れます。

同じように、10も2回、15も2回、・・・・60も2回現れます。

なので、0+1+2+3+4+5+・・・・・+60の合計と

5+10+15+・・・・・+60の合計をたしたものが答えになります。

0+1+2+3+4+5+・・・・・+60=(1+60)×60÷2=1830

5+10+15+・・・・・+60=(5+60)×12÷2=390

1830+390=2220

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集