図1のように、半径6cmの円の円周上に正方形ABCDの各頂点があります。正方形の各辺を折り目として、円を折り返すと図2のようになります。図2の色のついた部分の面積を答えなさい。

Pic_0375

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

こたえ

正方形ABCDの対角線の長さは円の直径に等しく、

12cmなので、面積は12×12÷2=72cu です。 

円から正方形の面積を引いたものと、

正方形から色のついた部分を引いた面積は等しく、

円の面積=6×6×3.14=113.04cu なので、

円の面積と正方形の面積の差は、113.04−72=41.04cu

よって、求める部分の面積は、

72−41.04= 30.96cu となります。

どう解く?中学受験算数にもどる

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集