1から100までの整数を1枚ずつ書いたカード100枚を、下のような手順でア〜オの箱に入れていきます。

(1)98と書いたカードはどの箱に入りますか。

(2)ア〜オに入るカードの枚数をそれぞれ答えなさい。

1

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------


こたえ

(1)98は98=2×7×7より、2と7の倍数なので、

箱エに入いります。

(2)

100÷5=20

100÷(5×3)=6あまり10より、

箱アは6枚,箱イは20−6=14枚

箱ウに入るカードは、5の倍数でない6の倍数であるから、

100÷6=16 あまり4

100÷(5×6)=3 あまり10より、

16−3=13枚

箱エに入るカードは、5、6の倍数でない7の倍数であるから、

7、14、21、28、35、42、49、56、63、70、77、84、91、98の14枚のうち、

5または6の倍数を調べると35、42、70、84の4枚なので、

14−4=10枚

箱オは箱ア〜エの残りになるから、

100−(6+14+13+10)=57枚

---------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集