国語問題
- 問題 -


慣用句ー2



次の文から、○に語句を入れて、慣用句を完成しなさい

@辛抱していれば、やがて成功うるものである
⇒○の上にも三年

A月日がたつのは早い、ということのたとえ
⇒光陰○のごとし

B幼なじみのこと
⇒竹馬の○

C苦労すること。困難である様子
⇒○が折れる

D安心して、ほっとする様子
⇒○をなでおろす
E自分の人格をみがくために役立つ材料のこと
⇒他山の○

F元気がなく、しおれている様子
⇒青菜に○

G心にしっかり留めて、忘れないでいること
⇒○に刻む

H決断がつかずに、実行することをためらうこと
⇒二の○をふむ

I物事の一部分のみを見て、全体や本質をとらえていないこと
⇒木を見て○を見ず



[解答]


もどる
トップページへ戻る


©脳を鍛える 中学受験問題に挑戦