20%の食塩水を100 gつくるようにいわれたA君は、水100 gに食塩20 gを溶かしました。ところが、できた食塩水が20%でないことに気づいたA君は、食塩水をある量だけ捨て、さらに食塩をある量だけ溶かして、20%の食塩水100gをつくりました。A君が捨てた食塩水の重さ、およびあとで溶かした食塩の重さを求めなさい。

---------------------------------------------------------


こたえ

A君のつくった食塩水の濃度は

20g÷(20g+100g)×100=16と2/3%

食塩を100%の食塩水と考えます。

1

2_2

食塩水100gを24:1で分けると

3

捨てた食塩水は120−96=24gです。

------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

1000題の中学受験算数解法集