--------------------------------------------------------------------------------------------------

1辺6cmの正方形ABCDがあります。

AD上にAP=2cmとなる点Pを、CD上にDQ=2cmとな る点Qをとります。

図の色部分の面積を求めなさい。

2201

--------------------------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------------------------

2202

△FBCと△FCDの高さは等しいので、

面積比は底辺の比で、6:4=3:2

BF:FQ=3:2 となります。

同様に、△EABと△EAPの高さが等しいので、

面積比は底辺の比で、6:2=3:1

BE:EP=3:1 となります。

△PBQと△緑の面積比は、(3+2)×(3+1):3×3=20:9 なので、

△PBQ=6×6−(2×6÷2+6×4÷2+2×4÷2)=14cu より、

△緑=14×9/20=6.3cu


--------------------------------------------------------------------------------------------------