海のやくそく
表紙画像海の上に新しく島が生まれたとき、最初に住みつく動物は?
答えはクモ。
風に乗ってやってくるんです。
これを飛行グモといいます。
でもこのお話に出てくる、南の島で一旗上げようとした飛行グモ、着陸地点はクジラの頭だったんです。
それもおじいさんのクジラ。南の島まで運んで行ってくれることになりました。
そのうちお互いに気心が知れてきて、嵐も乗り越えて島々に囲まれた、静かな入り江にたどり着きます。
クモはクジラにお礼のプレゼントを約束します。
そして月日が流れていくのですが、クジラはある日、そのことを思い出します。
数々の作品賞を受賞した山下明生氏に、海の作品が多いのは、少年時代を瀬戸内海の島で過ごしたからでしょうか?
作・文出版社出版日
山下明生(はるお) 作しまだ しほ佼成出版社2002.6.30