おじさんのかさ
表紙画像おじさんは、とてもりっぱなかさを持っています。
黒くてぴかぴか光ったかさで、おじさんは出かけるときは、いつもそのかさを持って行きました。
少しぐらいの雨ではかさを開きません。
かさが濡れるからです。
もう少し雨が降ってくると雨やどりをします。
かさが濡れるからです。
急ぐときはかさを抱いて走ります。
かさが濡れるからです。
知らない人のかさに入れてもらうこともあります。
どしゃ降りのときはどこにも出かけません。
ひどい風のときなど、かさが壊される人を見て、出かけなくてよかったと、ほっとします。
ある日、公園にいるとき雨が降ってきました。
小さな男の子が走ってきて、おじさんにかさに入れてほしいと頼みます。
おじさんは聞こえないふりをしています。さあ、いったいおじさんのかさはいつ開くのでしょうか?
 数々の推薦、選定図書に指定された絵本。
「100万回生きたねこ」でおなじみの佐野洋子さんの名作。
作・文出版社出版日
佐野洋子佐野洋子講談社1992.5.28