ろくべえまってろよ
表紙画像犬のろくべえが深い穴に落ちている。
犬のくせに落ちるなんてマヌケだけど、助けてあげなくては。
みんな1年生だからロープで下に降りてもいけない。
上級生はまだ学校だ。
おとうさんも会社だし。
じゃあおかあさん!
お母さんたちが来た。
わいわいがやがや。
でも「むりよ」「男でなけりゃ」 じゃあぼくたちがやる。
「いけません」 ゴルフクラブをもったヒマそうなおじさんが来た。
「人間じゃなくてよかったな」だって。
こうなったら、誰の力も借りないで自分たちだけで助けてやる。
ろくべえまってろよ!
歌を歌って励ましたり、ろくべえが好きなシャボン玉を穴に入れてみたり。
でもろくべえの元気がなくなってきた。
そのとき名案がひらめいた。さあ、どうする?
数々の推薦図書や選定図書になっている絵本です。
作・文出版社出版日
灰谷健次郎  作長 新太文研出版1975.8.1初 1991.5.1 47刷